煎茶

お茶の不思議

― お茶にはカテキンが多く含まれている ―

いまや誰もが知っている常識ですね。
でも、お茶をいれる温度でビミョウに抽出される成分が違う!ってご存知ですか?

水出しで淹れると、うまみ成分のテアニンというアミノ酸や、エピガロカテキンというカテキンの一種が多くでてきます。
エピガロカテキンには免疫力アップやストレス軽減の効果があるそうです。
また、低温で淹れるとカフェインの抽出が抑えられるので、飲む時間帯を気にしなくてもいいですね。

淹れる温度が高くなると、苦みが強くなり、エピガロカテキンガレートという別の種類のカテキンが多く抽出されます。
こちらのエピガロカテキンガレートは脂肪の吸収を抑えコレステロールを排出する効果が高いといわれてます。

農研機構のホームページには興味深い詳しい解説があるので、是非読んでみてくださいね〜
「なるほど・ザ・水出し緑茶 ! 」
「免疫力をアップさせる緑茶の浸出法」

5商品 1-5表示
5商品 1-5表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。