ホーム » 美味しい煎茶の淹れ方

美味しい煎茶の淹れ方 〜二杯分〜

お茶イメージもっと気軽に飲んでいただくために、お茶生産者ならではの秘密の淹れ方を伝授いたします!

知覧心茶堂の煎茶は、うま味成分がたくさん含まれているので、うま味が出やすいぬるめのお湯で淹れてください。

一.急須に茶葉を大さじ山盛り2杯(約10g)

急須に茶葉を茶さじ山盛り2杯ひとりで飲む場合でも、この量で淹れると美味しく抽出できます。
少し多めかなと思うくらいに茶葉を急須にいれましょう。

二.一度沸騰したお湯を使います。
茶碗に適量を注ぎ、冷まします。

茶碗に適量お湯を注ぎ、冷まします高温のお湯で淹れてしまうと、タンニンが多く出てしまい、苦渋みとうま味のバランスが悪くなってしまいます。
お茶碗を温めることにもなって一石二鳥です。

三.茶碗のお湯を急須にゆっくり注ぎます

冷ましたお湯を急須に注ぎます茶碗でさましたぬるめのお湯を注ぎます。
お急ぎの場合は、熱湯に軟水のミネラルウォーターを足して温度を下げて淹れても美味しく抽出できます。

煎茶の種類により、オススメの温度と抽出時間がビミョウに違います。
摘採時期の早いお茶は、低い温度の方が甘みを感じやすいです。

下記の表を目安に、お好みで微調整してください。

オススメの抽出温度・時間(商品毎)
商品名 製法 適温 抽出時間
特選煎茶(華)『華扇』 特選煎茶
『華扇』
淺蒸し 50度 80秒
特選煎茶(赤)『香味絶佳』 特選煎茶(紅)
『古都雅』
深蒸し 60度 40秒
特選煎茶(赤)『香味絶佳』 特選煎茶(赤)
『香味絶佳』
深蒸し 60度 40秒
特選煎茶(桃)『日々好日』 特選煎茶(桃)
『日々好日』
深蒸し 70度 30〜40秒
上煎茶(山吹)『一心』 一番茶
『深むし茶』
深蒸し 80〜90度 30〜40秒

 

四.お湯を急須に注いで、待ちます

蓋をしてしばし待ちます蓋をしてしばし待ちます。
市販の煎茶より抽出時間は短くても大丈夫です。(上記参照)

ゆすったりせず、うま味が溶け出すのを待ちましょう。
ゆするとにごりや渋みがでてしまいます。

五.最後の一滴までしっかりしぼり切ります

最後の一滴までしっかりしぼりきりますその最後の一滴に美味しさがつまっています。
2煎目を美味しくいれるためにも、しぼりきりましょう。

2煎目からは茶葉が開いているので時間は置かずに抽出しましょう。


参考までに・・・

新茶試飲販売の様子です↓
http://youtu.be/NWk03MY2fLw

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。